『もりのほんやさん』 舟崎靖子 作 舟崎克彦 絵

この絵本を見つけた時、「あっ!これっ!」って、とびついてしまいました。
なぜって、私が小学生の時に大好きだった本だったからです。

「これね、ママが小学生の時に好きだった本だよ~」って言ったら、息子は興味津々。
買って帰って、私は懐かしみながら、息子は新しいお話にワクワクしながら、読みました。

「もりのほんやさん」…この本屋さん、本を買うと、時々ページが無くなっているって有名なんですって。
なんでページが無くなっているのでしょう。
それは、店番をしているやぎのおくさんが、本を読むのに夢中になると、むしゃむしゃページを食べてしまうからなんです。

ある日、郵便局のはりねずみさんが本を買って帰り、夢中で読んでいると…一番気になる、一番大事な最後のページがなかったんです!

何が書いてあったのか、急いでやぎさんに聞きに行くと、やぎさんはしばらく留守のよう。
結末が気になって、はりねずみさんは郵便局の仕事が手につかなくなってしまいました。

困った森の動物達がしたこととは…
そして、気になる本の結末とは?

私はあぁ、こうだったこうだったと、本当に懐かしく読ませてもらいました。
息子も気に入ったようです。

他にも「もりはおもしろらんど」というシリーズで、「もりの○○やさん」という本がたくさん出ていますね。
次は、どのお店屋さんにしようかな、私の、息子の、楽しみになりそうです♪