『とうさんねこの すてきな ひみつ』 メアリー・チャルマーズ ぶん・え  あきのしょういちろう やく

とうさんねこには秘密があるんですって。
かあさんねこだって知らない秘密らしいですよ。
いったいなんでしょうね。

家族のみんなが寝静まると、毎晩、とうさんねこは何かを作っているようです。

子ども達に、「○○さんたち、ピクニックにいってるよ!ぼくたちは、いついくの?」と言われる度に断ってきたけれど…
今日は、「あした!」(行く)って答えましたよ!

何かがついに出来上がったのでしょうか。

ピクニックへやってきて、川遊びをする家族ですが、子どもから「ボートがあれば、きっとたのしいだろうなあ」って…
それを聞いたとうさんねこの顔ったら!
得意そうに笑ってますよ。

とうさんねこの素敵な秘密って、これだったんですね。

家族を思うお父さんの気持ちがよく伝わってきます。
そして、家族が父さんを尊敬しているのもよくわかります。
家族って素敵だなって思える絵本になっていると思います。