『たべたの だあれ』 五味太郎 さく

「さくらんぼ たべたの だあれ」
「いちご たべたの だあれ」…
不思議ね、食べたものが生き物達の体の一部になっちゃうみたい。
だから、誰が食べたか、すぐにわかっちゃうよ。
小さな子にもちゃ~んとわかるように描かれているから、見つけられてうれしい!そんな気分になれると思います。

実は、この絵本にはもう一冊、「かくしたの だあれ」という兄弟がいます。
この兄弟には、かくしたのは?食べたのは?と探すだけではないおもしろさがあるんですよね。
ページをめくるたびに、生き物たちの数が…
私は最初、そのことに気付いていませんでした。
でも、気付いたらもっと楽しくなりました。

さぁ、読むよではなくて、思わず、さぁ、今日はどうやって遊ぶ?そんな風に言いたくなる絵本だな~と思います。