息子、お気に入りの絵本です。


『がたん ごとん がたん ごとん』 安西水丸(あんざいみずまる)さく

「がたん ごとん がたん ごとん…」汽車の進む音と、「のせてくださーい」の繰り返し。
お客さんが、哺乳瓶だったり、コップやスプーンだったり、りんごやバナナだったり…
次のお客さんはだ~れ?ってワクワクしちゃう。
最後はねこさんやねずみさんも乗って…終点は、小さな女の子でした。

「がたん ごとん」のフレーズは、単純だけれど、読み手によって、いろんな汽車に変身しそう。
今日はどんな汽車を走らせましょうか。

「がたん ごとん がたん ごとん のせてくださーい」
息子は1歳の頃、このフレーズを覚え、よく「たんとーん たんとーん あーい」なんて言ってたものです。

そのうち、それは、絵本を飛び出し、積み木遊びへと移って行きました。
積み木を並べ、「がたん ごとん がたん ごとん…のせてくださーい」
お客さんは様々。
絵本が教えてくれた、楽しい遊びです。

少し大きくなった今でも、やっぱりお気に入りの絵本ですね。