『かくしたの だあれ』 五味太郎 さく 

「てぶくろ かくしたの だあれ」…あ、ここ!
「はぶらし かくしたの だあれ」…えーこんなところに?
いろんな物が、生き物たちのどこかに隠れているんですよね。
上手に隠れていて、でも小さな子にもわかるように描かれているから、見つけられてうれしい!そんな気持ちを味わえる絵本になっていると思います。

幼かった娘も、見つけては、「ここ!ここ!」と、得意気に指をさして教えてくれました。
自分で見つけられる、わかるって、幼い子供にとっては、とても大きなことですね。

おもしろいのは、隠れているものを探す、だけではないところ。
ページをめくるたびに、生き物たちの数が1ずつ増えていくんです。
数遊びもできるんですね。

お話絵本もいいけれど、今日はちょっと違う、クイズのような絵本を楽しみましょう。