『おきゃくさん だーれ』 なかえよしを 上野紀子

息子が小さかった頃、よく読んでいた絵本です。

「きょうは さっちゃんのうちに おきゃくさんがきます さあ だーれがくるのかな」

テーブルについているさっちゃん。
周りにはおきゃくさんの椅子と、お皿と、フォークがセットされていて…
誰が来るのかなって、ワクワクしちゃいますね。

あら、らいおんさんは飛行機に乗って来ましたよ。
うわ~すごいね!
このあとも、動物さん達がかっこいい乗り物に乗ってやってきます。
どんな乗り物に乗ってくるのか、それも見どころの一つかなと思います。

そして、おきゃくさんは「こんにちは さっちゃん」と、
さっちゃんは「こんにちは らいおんさん いらっしゃい」と、と~っても丁寧なごあいさつを交わすんです。
互いに向き合って、丁寧におじぎもして。
息子も真似して、よく深々とおじぎをしてくれました。
「こ~ちわっ」って。

小さい頃から、挨拶はきちんと、丁寧にと、教えたいもの。
この絵本は、それを優しく教えてくれた気がします。

おきゃくさんが来るってうれしいね。

みんなが揃うってうれしいね。