松谷みよ子あかちゃんの本 『いない いない ばあ』 瀬川康男 え

この絵本、な~つかしいですねぇ。
娘が赤ちゃんだった頃、よく、よく、読み聞かせていた絵本です。

生後1ヶ月頃から始めた読み聞かせ。
最初は、絵本の数も少なくて…
まだ図書館にも、頻繁に出かけられる状況でもなく…

だから、この「いない いない ばあ」と、数冊の絵本を、毎日毎日、繰り返し繰り返し読んでいました。

ただ、いないいないばあと言っているだけではなく、
「いない いない ばあ にゃあにゃが ほらほら いない いない…」
「ばあ」って、なんだか、語りかけてくれているみたいに、進んで行くので、赤ちゃんも反応がよかったように思います。

そして、動物さん達の「ばあ」のお顔がとってもいいんですよね。
娘は、何度も読んで行くうちに、「ばあ」が来ると口を開けてニコーっと笑い、足をバタつかせるようになりました。
動物さん達が顔を出してくれるのを、喜んでいるようでした。

そんな娘の姿を見ることができ、読んでいるこちらもうれしい気持ちになっていたことを思い出します。
最初に出会う「いない いない ばあ」として、オススメの絵本ですね。